HOME>アーカイブ>プロになるためのサポート体制が充実しています

カリキュラムやサポート体制などが重要です

マンガを読む

マンガの専門学校には同時にイラストも学べるものとマンガだけに特化したものがあり、カリキュラムは1年から2年かけて学ぶケースが多く見られます。実際に専門学校を選ぶ際にはカリキュラムの内容や卒業後までのサポート体制、学費などを比較検討する必要があります。多くの専門学校では1年から2年かけてデッサンや背景、着色やCGなど様々な基礎知識を学びます。講義では出版業界で活躍している人や現役のマンガ家などが講師として招かれる場合もあります。カリキュラムの具体的な内容は学校によってことなりますが、なるべく実践的な知識や技術を学べる学校を選ぶのがおすすめです。在学中だけでなく卒業後のサポート体制も充実している学校ならば安心して通うことができます。

卒業後に役立つ基礎を習得できます

漫画

独学でマンガ家になろうとして非効率的な方法で学習を進めてしまったためになかなか上達しないケースが多く見られますが、マンガ専門学校に通えば様々な基礎知識を効率的に学べます。仮にキャラクターを描くのが得意だったとしても、ストーリー構成が上手くできなければ魅力的な作品を作ることはできません。マンガ専門学校では絵を描く技術だけでなく、多くの読者を惹きつけるストーリー構成についても学ぶことができます。プロのマンガ家になる場合だけでなく、アシスタントとして働く場合にも基礎的な知識や技術が必要になります。マンガ専門学校で十分な基礎を学べば、卒業には現場でスムーズに働くことができます。

独学では得られないメリットがあります

漫画

マンガ専門学校には常勤の講師としてプロのマンガ家を採用しているケースもあり、現場で役立つ実践的な知識や技術を学べます。独学でマンガの勉強をしている人が実際にプロに会う機会はあまりありませんが、専門学校に通えば直接的に指導してもらうことができます。専門学校はプロのマンガ家や編集者とつながりがあるため、出版業界に人脈を築くことができれば卒業後の就職もスムーズです。さらに専門学校には同じ目標を持つ仲間がいるので、モチベーションを維持しやすいというメリットもあります。

広告募集中